工藤静香

SHOW CASE

工藤静香 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2024

Date of Release

2023.12.24 Sun.

1987年デビュー以来、日本のポップス音楽シーンの中心に立つ工藤静香。この春、初のフルオーケストラ公演「工藤静香 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2024」に挑む。舞台は国内有数のクラシック専用ホール・兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール&東京芸術劇場 コンサートホール。欧州で活躍中の柳澤寿男指揮のもと、東西の名門オーケストラ、兵庫芸術文化センター管弦楽団(西宮)&パシフィックフィルハーモニア東京(東京)との共演が決定した。注目のステージには、優美なオーケストラと共に工藤静香が登場。時代を彩るヒットソング&最新作品から工藤自身が選曲した、新しい生命を纏った楽曲が華麗で壮大なオーケストラサウンドと共に披露される。ソロデビュー35年を超え、工藤静香の新しい音楽の世界が新緑の季節の中に誕生する。

 

[Ticket]

CNプレイガイドでも販売中!
3/2(土): 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

◆電話受付⇒ TEL(0570)08-9999(10:0018:00)
◆特別電話⇒TEL(0570)08-9920 [Cコード:262-956] (AM2:005:00はメンテナンスのため受付不可)
 

[Ticket]
1月27日午前10時より「工藤静香 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2024」の一般発売を実施します。

 

3月2日西宮公演

ローソンチケット:[詳しくはこちら]

イープラス:[詳しくはこちら]

チケットぴあ:[詳しくはこちら]

楽天チケット:[詳しくはこちら]

 

5月12日東京公演

ローソンチケット:[詳しくはこちら]

イープラス:[詳しくはこちら]

チケットぴあ:[詳しくはこちら]

 

ARTIST

◆出演:工藤静香

◆指揮:栁澤寿男

◆編曲:澤近泰輔、山下康介

◆管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団(西宮)、パシフィックフィルハーモニア東京(東京)

SCHEDULE

2024年3月2日(土)
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

開演16時(開場15時)

 

2024年5月12日(日)
東京芸術劇場 コンサートホール

開演16時(開場15時)

TICKET

一般発売
2024年1月27日(土)10:00開始

チケット料金:※特製プログラム付
⬜︎プラチナ:11,000円・プラチナペア21,000円【東京&西宮公演完売】
⬜︎S:9000円・Sペア17000円【東京公演完売】※西宮公演・残席僅少
(税込・全席指定)

◆兵庫県芸術文化センター・芸術文化センターチケットオフィス
TEL 0798‐68-0255(10:00 AM~5:00 PM / 月曜休み※祝日の場合は翌日)

ABOUT

◆主催&企画制作:RENAISSANCE CLASSICS、パシフィックフィルハーモニア東京(東京)

◆後援:FM COCOLO(西宮)、エフエム東京(東京)

◆協力:ラジオ関西(西宮)、ポニーキャニオン、ディスクガレージ(東京)、夢番地(西宮)

 

DETAIL

西宮公演:西宮公演:YUMEBANCHI(大阪) 06-6341-3525 (平日12:00~17:00) 

東京公演:DISK GARAGE  https://www.diskgarage.com/

 

 

PROFILE

工藤静香

1987年8月31日に「禁断のテレパシー」でソロデビュー。以後歌手として42枚のシングルと17枚のオリジナルアルバム、3枚のカバーアルバムをリリースし、1980年代後半から1990年代前半を代表する女性歌手の1人である。・ドラマ・CMと活躍の場を広げる傍ら、画家、ジュエリーデザイナーとしての才能も発揮。二科会絵画部会友。愛絵理」名義で作詞活動も行っている。Instagramのフォロワー108万に加え、35周年を機に始めたTikTokも投稿する度に話題となっている。最新シングルは、大橋卓也氏(スキマスイッチ)作曲による「香雪蘭~好きより愛してる~」を10月にデジタルリリース。

栁澤 寿男

2005-2007 年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。2007 年、国連コソボ暫定行政ミッション下のコソボフィル首席指揮者に就任。同年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団(以下 BCO)を設立。ジュネーブ国連欧州本部総会議場をはじめ、ウィーン、ニューヨーク、ベオグラード、サラエボ等でのWorld Peace Concert を開催し、パスカル・ロジェ、ペーテル・ヤブロンスキー、諏訪内晶子の各氏等と協演。2022 年 10 月には、ローマ・パルコ・デッラ・ムジカにおいて、BCO にローマ歌劇場管弦楽団等のメンバーを加え、またコリア・ブラッハー氏をソリストに迎え開催。コソボの芸術・文化の発展とオーケストラを通した地域和平への尽力によりコソボ大統領勲章(文化功労賞)を叙勲される。また、ベオグラード国立歌劇場「ラ・ボエーム」やサンクトペテルブルク響、プラハ響等、国内外の多くのオーケストラに客演。現在、BCO 音楽監督、コソボフィル首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、坂本龍一氏が音楽監督を務める震災復興のオーケストラ・東北ユースオーケストラ指揮者、京都フィルハーモニー室内合奏団ミュージックパートナー。著書に「バルカンから響け!歓喜の歌(晋遊舎)」。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団 Hyogo Performing Arts Center Orchestra

阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして2005年9月に設立。楽団員の在籍期間は最長3年。日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどでオーディションを行い、世界各地から将来有望な若手演奏家を集め、様々な公演を通じオーケストラ奏者としての経験を積み、優秀な人材を輩出するアカデミーの要素も持つ、世界でも類を見ない新しいシステムのオーケストラである。芸術監督は世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が創設時より務め、地元に愛されるオーケストラとして地域に密着した活動を行っている。定期演奏会の他、名曲、ファミリー、ポップス等のコンサートや室内楽シリーズ、県内中学1年生を対象とした「わくわくオーケストラ教室」、毎年夏の芸術監督プロデュース・オペラでの演奏など、多彩な活動を展開している。2006年関西元気文化圏賞ニューパワー賞、2011年神戸新聞平和賞、2017年ミュージック・ペンクラブ賞受賞。通称PAC(パック)オーケストラ。

パシフィックフィルハーモニア東京

パシフィックフィルハーモニア東京

パシフィックフィルハーモニア東京は、伝統と革新を取り入れ、常に新しいスタイルを生みだしながらクラッシック音楽の本質を探求、時代の先駆けとなる演奏に挑戦しオーケストラのあり方を再定義します。音楽監督の飯森範親が率いるこのオーケストラは、演奏項目の領域を広げ、地域とのコミュニティを築き、斬新かつ多彩な音楽活動を行っております。1990年設立。旧東京ニューシティ管弦楽団。